指導者-紹介

SCNの大きな特徴は、いずれも今伸び盛りの若手実力派による、妥協のない、
若さあふれるエネルギッシュな指揮指導を受けて練習できることです。

指揮
指揮-中村貴志
中村貴志
ルネサンスから現代にまで至る、あらゆる声楽作品に精通し、多数の作品を指揮。今までに京都フィルハーモニー室内合奏団、セントラル愛知交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団、ベートーヴェンオーケストラ・ボン(ドイツ)をはじめとするプロ・オーケストラを指揮した他、アマチュア・オーケストラおよび合唱団を多数指揮。また、マンドリンオーケストラも指揮し、その可能性を広げた。
一方、若杉弘、井上道義、手塚幸紀、堀俊輔、円光寺雅彦、畑儀文、小松長生、大友直人、現田茂夫、牧村邦彦、寺岡清高の各氏の下、オーケストラ・アンサンブル金沢、京都市交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、大阪シンフォニカー交響楽団、テレマン室内管弦楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、関西歌劇団、大阪国際フェスティバル他多数で合唱指揮を担当。その手腕は高い評価を得ている。
海外においては、2004年に"スコラ カントールム ナゴヤ"とともにドイツに渡り、ボンの由緒あるボン・シュティフツ教会にてボン・シュティフツ教会合唱団とベートーヴェンオーケストラ・ボンと共演して全てモーツァルトによるコンサートに出演した他、ゾーリンゲンでもコンサートを行った。また、2008年に再度ドイツに渡り、ボン・シュティフツ教会でのコンサートに出演。"スコラ カントールム ナゴヤ"単独ステージの『土の歌』(大木惇夫作詞・佐藤眞作曲)と、ボン・シュティフツ教会合唱団とベートーヴェンオーケストラ・ボンと共演してのハイドン作曲『ハルモニーミサ』を指揮し、好評を博した。2009年にはスイスのジュネーヴでアンサンブル・TAIYO・ジュネーヴとハルモニア・アンサンブル・TAIYO・オオサカのコンサートを指揮。当地の一流ソリストと共演して、好評を博した。
現在、混声合唱団"スコラ カントールム ナゴヤ"常任指揮者、混声合唱団"Vox MEA"トレーナー、"名古屋大学グリーンハーモニー"ヴォイス・トレーナー、"女声合唱団カリス"指揮者、"かがり女性コーラス"指揮者を務める。

中村貴志ブログ「音楽の日々」http://black.ac.teacup.com/nakataka/
ピアノ ピアノ-重左恵里
重左恵里
北海道函館市出身。愛知県立芸術大学音楽学部ピアノ専攻を卒業。同大学大学院修了。
2006年にはオーディション選抜TIAA奨学生としてドイツ国立ライプツィヒ音楽大学夏期マスタークラスに参加、 Gerald Fauth氏のクラスを受講する。
在学中より大学主催の定期演奏会や室内楽コンサート、学外のコンサートに多数出演。
現在は東海地方を中心にフリーピアニストとして活動し、様々な分野の奏者と共演している。
2006年にはソプラノ歌手とのデュオユニット「Perla」を結成。2007年には東京にてシュトゥットガルト管弦楽団奏者と室内楽コンサートにて共演。2009年5月にはヴァイオリンとのデュオリサイタルを名古屋「電気文化会館 ザ・コンサートホール」、他天理、函館の三都市で開催し、各地で好評を博す。
2010年、NHK文化センター岐阜教室にて、ショパン生誕200周年の音楽講座において講師を務める。

また現在、名古屋二期会等で稽古ピアニストとしてオペラ制作の現場にも携わる。
2010年度、名古屋芸術大学実技補助員。
これまでに小笠原千絵、春日正子、田代慎之介、甲斐真紀子、熊谷恵美子の各氏に師事。
ピアノ ピアノ-掛川遼平
掛川遼平
愛知県立芸術大学音楽部器楽科ピアノ専攻卒業。

下村美夕貴、兼重直文、加藤美緒子、ヴァディム・サハロフの各氏に師事。 みえ音楽コンクール高校生の部第1位。大学在学中、卒業演奏会出演。

現在、愛知県立芸術大学大学院音楽研究科器楽専攻在学中。
愛知県を中心に、声楽の伴奏、室内楽、協奏曲のソリストなどと幅広く活躍している。






Copyright(C) 2015 SCN All Rights Reserved.